私が賃貸物件を選びなおした理由は、洗濯物と生ごみを置くすぺーすであるベランダがなかったからです

ガスコンロが付いている賃貸アパートへのこだわり
ガスコンロが付いている賃貸アパートへのこだわり

ベランダがなかったので他の賃貸アパートにかえました

ガスコンロが付いている賃貸アパートへのこだわり
私は大学入学時に、駅前の比較的安い賃貸アパートを契約しました。交通の利便性もよいので、大学に通学する際にはとても良いし、部屋自体も二階にあり日当たりが良く、明るい雰囲気で一目で気に入ったのです。しかし、その部屋は半年ぐらいの入居期間で退去してしまいました。その理由は、その部屋には全くベランダがなかったからなのです。ベランダがないと、こうも生活が不便になるとは思いもよりませんでした。

具体的な例を挙げると、まず、洗濯物を干すときに、ベランダがないと直接窓のレールにひっかけるか、外壁の壁づたいに物干し竿を設置することになります。洗濯が大好きな私は独り暮らしでも結構洗濯機をまわすので、干すスペースがすぐになくなってしまうのです。しかも、洗濯ばさみで止めていても、風で下に落下することがあります。私の部屋の真下はとても狭くて薄暗い植え込みになっていて、洗濯物が落ちてしまうと拾うのに一苦労するのです。下着など、絶対に人前に出したくない洗濯物は部屋干しにしますが、やはり、外で干した方が乾きがいいし、断然においがつかないのです。そのアパートは運悪くビル風の通り道だったので、とても風が強く、洗濯物が何点か飛ばされて行方不明になってしまいました。そして、もう一つの理由は、ごみを外に出せないことです。決められたごみの日以外は家の中にごみを貯めなければなりませんから、その際、部屋にごみを置いておくとどうしてニオイが気になってくるのです。以上の理由で、私はすぐにその部屋を退去し、新しいベランダがある部屋に移り住みました。

Copyright (C)2017ガスコンロが付いている賃貸アパートへのこだわり.All rights reserved.