一軒家育ちの私が、結婚を機に賃貸物件をさがすことになりました。夫と意見をどううまく聞き流せるか考えてます。

ガスコンロが付いている賃貸アパートへのこだわり
ガスコンロが付いている賃貸アパートへのこだわり

賃貸物件で、譲れない条件が一つあります。

ガスコンロが付いている賃貸アパートへのこだわり
私はずっと、生まれてから一軒家に住んでいました。昔ながらの平屋の一軒家で、今の時代からすると、とても贅沢な土地の使い方をしています。とにかく一つ一つの空間が広めにとってあるので、お互いの部屋が何をしているのか、分からないので、自然に家族同士のプライバシーが守られていました。自分の私生活を、家族にさえさらすことは、恥ずかしい事だったのです。そういった環境で育てられた私が、結婚を機に賃貸マンションで暮らすことになりました。私にとっては初めての集合住宅住まいです。不動産屋に行く前に、私は夫に譲ることのできない条件を一つ、提案していました。

それは、必ず玄関スペースがあるタイプの部屋である、ということです。住まいに無頓着な私の夫は、「住むところにお金をかけなくてもいいじゃあないか」という人なのです。扉を開ければ即、台所があり、その奥に六畳一間でも十分だというのです。私にとっては、扉一つ開けただけで、台所というその家庭のプライバシースペースが部屋を訪れた人に晒されることなどとても受け入れられるものではありませんでした。台所を通らないと、お客様を部屋に通すことができないなど、私にはどうしても耐えられません。私は結婚し、最初に訪れた試練であると思い、夫をどう説得するか思案中です。

Copyright (C)2017ガスコンロが付いている賃貸アパートへのこだわり.All rights reserved.